テストや課題に追われる1月。その中でもCandYは活動をしています
先週(17日)は、テスト勉強や課題をやろうということで休みましたが、24日はしっかりと活動をしました。

24日の活動報告です。
《前半》 冬合宿について
 いよいよ、テストや課題が終われば、春休み。冬合宿が待っています。ということで、CandY恒例のテーマ決めについて熱い議論を交わしました。

・白馬でいい恋しよう!~白馬の王子さま~
・いこいfinal
・憩い
・癒し
・情熱
・白熱のCandY

という「?」や「笑」のものもありましたが、熱い議論の末、CandY冬合宿のテーマが決まりました。

『白熱~白馬で情熱の3日間~』です。

色々、冬合宿がうまくいくかどうか不安な面もありますが、全員が楽しく過ごせるような3日間を目指していきたいです!!!

《後半》保護者への対応
 前半の活動とは大きく変わり、後半では真面目な活動を行いました。
【夜までテレビゲームに親子(母・子)で夢中になっている。最近、その児童が学校で眠ることが多く、ボーっとしている。そのため、保護者に現状を伝えることを心掛けた。しかし「うちの子が眠るのは、先生の授業がつまらないからだ。」と反論された。この時、どのように対応しますか?】
というテーマに沿って3グループに分かれて議論しました。

・保護者に授業(学校での様子)を見てもらう。
・授業内容に改善の余地があるのでは。
・親子の対話を促す。
・教育、子育ての不安があるのでは。
・保護者の言っていることを否定しない。
・コミュニケーションをゲームでとれている?とれていない?
・他の先生に見てもらう。
・学力面のフォロー。

(予防策)
・学級通信に子どものノートを載せて、授業内容を保護者へ発信する。
・保護者会で道徳の時間に児童の意見をプリントにして全員部載せて配る。

このような意見が出て、とても活発な議論となりました。他の人の意見も聞くことができて、保護者への対応についての見方の幅が広がったのではないでしょうか。

image

DSC_0539



次回(31日)の活動は、3年生最後となります。今までCandYを引っ張っていた先輩方がいなくなってしまうのは寂しいですが、31日は盛り上がっていきましょう

以上、高倉でした。