CandYにとって久々の遠足企画となったこの日は、茨城県鹿島神宮御田植祭・流鏑馬神事を見に行きました。

鹿島神宮の本殿および御垣内御神田にて花笠をかけた小学生以下の童女が田植え姿となり御垣内の御神田に苗を植え、豊作を祈る御田植祭。そして、鹿島神宮奥参道にてかつての鹿島惣大行事家後裔の鹿島神宮流鏑馬隊による流鏑馬神事が行われ、引き続き倭式騎馬會による「鹿島流騁射(かしま りゅううまゆみ)」も披露されました。



流鏑馬のような伝統行事が見られる地域は少なくなっているそうです。

お祭りの様子を見ても若い人たちが少ないのが印象的でした。

ただ、そのような中で、馬上での見事な技に歎声を漏らす小学生の姿も見受けられました。

「その土地に住まわねど、文化の担い手としての重責は、居合わせた人全てに、駒たてる風が吹き過ぐかの如く、吹き渡る」


 私達もこのような伝統文化を大切にしていきたいものです。




DSC_6601
DSC_6702_RDSC_6795_RDSC_6796_RDSC_6866_RDSC_6883_R