世間一般では五月病が流行っていますが、CandYの辞書に五月病なんて言葉はありません!
さぁ今日も元気にCandY開始\(^0^)/
…と思ったらインスタントコーヒーがばらまかれました。笑

気をとりなおして、活動開始!
この日は3人の方が見学に来てくれました(^O^)
そんな日に教材探究の担当になったうっつーは緊張(((Д)))
でもがんばりました!

1つ目の教材探究はうっつー・なかむーによる国語。
始めにわたくしうっつーが「はんたいのいみのことば」という小学校2年生の単元を授業しました。
前回、教材探究を担当したときに[授業の導入]を次回の課題としてあげていたので、がんばって準備しました(`ω´)=3
まず漢字が書かれた磁石を黒板に貼って代表者に前に出てきてもらい「言葉の仲間わけ」をしてもらいました。
今回は、季節・曜日・色など仲間の中から「反対の意味の言葉」に着目し、今日はこれを学びます!
というのが今回の導入の流れです(ω)

その後身近な反対語をたくさん挙げてもらい、最後にそれらを使って短文づくりをして授業は終わりました。
「厚い辞書は重い⇔薄い辞書は軽い」
などといった、一つの文に複数の反対語を入れた文を作ってくれた人もいましたね!

つづいて、なかむーは近年小学校高学年に取り入れられた古典の授業に果敢に挑戦していました!
今回取り上げる内容は平家物語。音読による授業展開に四苦八苦しながらも、自分がやりたかった授業内容を伝えられることができたのではないでしょうか。
また古典が苦手な人(うっつーとか。笑)は将来どんな授業をしたいか考えるいい機会になったと思います!
なかむーは準備の段階で、現場の先生が作成した指導案を読み比べて授業展開を考えたり、自分なりに指導案を作成したりと、1年のときとは違った教材探究のやり方で臨んでいたのが印象的でした。

DSC_0698

今回は2年生ペアだったので、自分たちの力で最後までやらなければならず、心配した面もありましたが、授業を受けた人の感想などから思ったほど悪くない授業ができたのかなと思いました。
良かった点・改善した方がいい点などあげてもらい、またレベルアップした気がします!
CandYに入って1年。
自分の成長を感じられた、いい教材探究になった! …と個人的には思いました(∀)

続いてだいきさんによる、よりよい授業づくりのポイント講座!
CandYに入ってまもない1年生も、これから実践が増えていく2、3年も学べてよかったと思います!

今日は活動内容がもりだくさん!
ラストは、いの・しょーたペアによる特活です。
「悪い人ってどんな人?」という問いから始まったこの授業。
初めに悪い人のイメージをみんなで出し合い発表!その後、発表し合った人たちはどんなふうに襲ってくるのか話し合うなど、防犯意識を持つために個人で考えたり、グループで話し合ったりしました。
最後はグループ内で役割を決めて、実際に怪しい人にあったとき、自分らはどうやって対処するかを演技形式の発表をしました。
ただ教えるだけではなく、子どもに考えさせることがこの授業のポイントだと思いました。
DSC_0701
しょーたは初の教材探究いかがでしたか?
今回はアシスタントとして板書を担当していましたが、綺麗な字で見やすいように書こうという意識が高く、よかったと思います!
次回以降は授業者にも挑戦してほしいと思いました(^^)
そして、いのくん!!
先輩になったね(((((´;ω;`)))))←
今回の授業は小学3年生の児童が特別活動の授業の中で行う「防犯教室」の前授業という扱いで、児童の防犯に対する興味・関心を喚起すること、後日行う防犯教室においてより多くの気づきを得ることが目的で
ラストのまとめが次回にすんなり入っていけるまとめ方だったので、とてもよかったです!
つながりが感じられる授業づくりが大切だと再認識しました!!

今回も白熱したCandY。
この白熱は次回もつづく…?

以上、指導案づくりに追われているうっつーがお送りしました( ´ ▽ ` )ノ
長くなってごめんなさい!