蒸し暑い日々が続いて、いよいよ梅雨本番ですね。ジメジメしているとやる気を失ってしまいますが、前期もあと1ヶ月ちょっと。がんばっていきたいですね。😃

活動報告に移ります。
前半は、渋谷のサークルとの合同企画で行う模擬授業に向けて、話し合いました。
まず、授業者であるめぐちゃん(細谷さん)から模擬授業で扱う教材・指導案・やりたい部分が発表されました。教材は『言葉と事実』に、やるところは9〜12段落に決まりました。
次にどのような指導計画がよいのか・本時の展開を各自やグループで考えました。
このなかで挙がったものをいくつか紹介します。
◇指導計画について
・新聞にこだわらなくてもよいのでは。
・全部で15時間は、長いのでは。
◇本時の展開について
・発信する側に立って考えさせる。
・9〜10段落を先に読み、例で挙がっている②をもっと売れるようにする方法を考えさせる。①が売れなくなるには。
・「どうしてこんなことが起きたのでしょうか」を柱にする。
・すでに言葉のちがいによって印象がちがうことを学習している上で考えるべきでは。
・①と②の商品、どちらを買いたいか。
・導入に実物を元にして売り文句を考えさせる。
image


これら以外にもたくさんの意見や考えが出され、授業者に実りある時間となったのではないでしょうか。(^O^)

渋谷でのサークル紹介担当者:中村(た)・高倉

後半は、合宿について・スピーチ&ディスカッション・交流会&激励会についての連絡がありました。
合宿地:野尻湖付近のコテージ
日程:8/25〜8/27
金額:2万円前後
今回の合宿では、初の試みとして実行委員会が設立されました。
メンバーは、
2年生・・・うっつー、みねちゃん、めぐちゃん、いのっち
1年生・・・しょうた、かずや
です。合宿での活動内容やしおりづくりなどに携わります。

スピーチ&ディスカッションは、まっすーが行いました。
まず、まっすーがいつもやっているゲームの種類についてのスピーチがありました。ゲームの銃に様々な種類があることを知りました。夢中になっていることもあってか、とても熱く語っていました。
ディスカッションのテーマは
『残虐な娯楽的なものはどうしてあるのか』
・スリルをあじわえるから
・地が出るもの=残虐?
・残虐=人VS人だから?スポーツは別?
・人間の本能(狩猟)からきたものと考えれば、おかしくない?
・非日常を味わうため
・ゲームによって実際に残虐なことをやるのか、やらないのかを簡単に決めることはできないのではないか。
・シューティングゲームが好きな人の将来に選択肢を与える。
様々な意見や考えが出されました。小学生でも年齢制限をかいくぐってやっている子もいるということを知り、どのように対応していけばよいのかと考えるきっかけとなりました。

最後に6/27の1〜4年生の交流会&激励会についてのお知らせがありました。教採に向けて忙しい4年生を後押しする活動にしていきたいですね。宿題、忘れないようにしましょう。😊

今回の活動で新たに1年生が一人、入ってくれました。CandYのメンバーがどんどん増えて、活動の幅が広がりそうです‼^_^

image


長文の報告となりましたが、以上で活動報告を終わります。
サークル紹介で何を話せばよいのか悩んでいる高倉でした。👋