大変遅くなりました。

みなさん、こんにちは。


担当の奥村です。\(゜ロ\)(/ロ゜)

初めてなので、若干何を書けばいいか迷っていますが、頑張って書いていこうと思います。()



合宿も最終日、楽しいことはあっという間であるとは、まさにこのことだと思っていた自分がいました。

バスに乗って新宿駅に向うだけですが、家に帰るまでが合宿()と言いますから気を抜くわけにはいきません!


朝、みなさんは気持ちよく起きることは出きたでしょうか。筋肉痛で動きにくい、昨夜喋り過ぎて少々喉が痛いという方もいたのではないでしょうか。(自分だけだったでしょうか…)


北天神さんでいただける最後の食事でしたね。どれも本当においしかったですね。







北天神の皆様にお別れをし、白馬駅でのお土産購入タイム、みなさんは何をお土産にしましたか? 信州限定お菓子から始まり、野沢菜、栗鹿の子、地酒とさまざまですがその土地ならではという物に興味を抱いてしまうものです。



白馬から新宿に向かうバスに乗り込み、帰りはお決まりのみなさんそろってお疲れ睡眠モードでしたね。実際、自分も寝ていましたが…



新宿駅にあっという間に到着し、最後には米谷さんのお言葉と一本締めで今回のスキー合宿の幕が降りましたね。

それぞれ帰宅するメンバー





ここで少しまとめ的なものを書かせていただきます。

私事ですが、自分には今回がcandYに入って初めての合宿でした。何もかもが新鮮で、とても充実した二泊三日を過ごすことが出来ました。

 北天神さんにはいくら感謝しても足りないくらい、大変お世話になりました。送迎から始まり、スキーのレンタル、食事、お風呂。宅急便までお世話になっちゃった人もいるんじゃないでしょうか。





十郎の湯では湯上りに飲んだコーヒー牛乳等の味はみなさん(特に男性陣)は覚えているでしょうか。

あれ?



初日のロー〇ンへの道中は妙に盛り上がっていたような気がします。自分は大量の雪に圧倒されていました…



初スキーは午前中、超怖かったけれど、高倉くんのおかげで午後は自分なりに楽しく滑ることができました。ありがとうー。
DSC_1111_ed
↓この写真をどうしても載せたかった…ごめん…
DSC_7803



二日目の夜のお疲れ様会で、自分はこんなにサークルのみなさんと話をしたことがないくらいずっっと喋ってた気がします。
(実際の記憶は曖昧ですが…)





 真面目に振り返ってみると、合宿で自分は自身を見つめ直す機会を得ることが出来たと、いま感じています。教職を目指す高い志を持っているわけでもなく、きれいな写真を撮れるわけでもないし、完璧な二泊三日のしおりを作れるわけでもない、どんな人ともコミュニケーションをとれるやさしい人間でもないし、プロ級にスキーを教えることもできない自分には何があるのだろうかと考えてしまうことがありました。ですが、合宿を終えて答えが完璧に出たわけではありませんが、このサークルで活動していけば自分だけの何かを見つけられる確信を得ることが出来たと思えます。



 今回の合宿ではみなさんに大変助けてもらいました。本当に感謝です。特に写真提供の伊藤先輩、中村くんには今回のブログのために助けていただきました。ありがとうございました。

以上、どう締めくくればいいかよくわかっておらず、ブログを書き馴れていない奥村が担当させていただきました。ここまで読んでいただきありがとうございました。m(__)m




P2071179


DSC_7312


P2061159-2



DSC_7278


P2071194



2012 2 7




120207_075313