夜の窓辺に響く鈴虫の鳴き声に秋を感じずにはいられない中村Dです。
9月5日の活動報告をします。

この日は、イベント盛り沢山だった8月の活動も一段落したので、9月以降の活動について話し合いの場が持たれました。

○挙がった意見の一部を紹介したいと思います。

・ホワイトボードを使った何か
・一つの教材、単元をみんなで授業する
教材研究
・スピーチ
・テーマを定めて方向性を統一したい
・国語副免組に配慮した時間の区切りを
・持込企画の推進


このような流れの中で、一年生の加入も落ち着いたのでもう一度初心に帰って、しっかりと教材研究をしたいということになり、9月以降の活動は教材研究を中心に進めていくことになりました。

今回、教材研究を行うにあたり、強化した点は以下の二点です。

1.いままでの教材研究は、"具体的なねらい"が不鮮明なまま終わっていたのではないかという反省から、誰もがみれる形で授業計画やねらいを示すことを徹底して行こうということになりました。
2.ビデオカメラを購入し、授業者も客観的に自分の授業を振り返ることができるようになりました。

以上二点の"見える化"する工夫をし、さらに充実した教材研究を目指していきます。

IMG_2378


もう一つ決まったこととして、今更ながら夏のCandYからの宿題内容が発表されました。

お題「夏の教育的体験について」
A4フォーマット
今月中に提出!

夏期休暇中は学校ボランティアなどでサークルに参加できかったメンバーも多かったので、各々の夏の体験を振り返り・共有することで、お互いに高め合って行きたいという思いからでたものです。

この先も実習などで全員が揃わない回が続くかもしれませんが、充実した活動にしていきたいですね!

追記
今度の共育フェスティバルでのCandY理科ブースの内容は、「巨大シャボン玉」と「葉脈標本作り」の二つで調整を進めています。
皆様お誘い合わせの上、是非お越し下さい!