今から100年以上も前に本当にあった すばらしいお話。
当時8歳の女の子がこんな手紙をニューヨークの有名な新聞社「ニューヨーク・サン」に送った。

” 私は8さいです。サンタクロースなんかいないって言うともだちがいます。サンしんぶんに書いてあることならほんとうだとパパはいつも言っています。ほんとうのことを教えてください。サンタクロースはいるのですか。”
バージニア=オハンロン ニューヨーク市 西95丁目115番地

真実を伝えなければならない新聞社は、この質問にどう答えたのでしょうか。「ニューヨーク・サン」の副編集委員、フランシス・チャーチ (Francis Pharcellus Church) はこの少女の手紙に社説で次のように答えました。

-----------------------------------------------------------

”バージニア、君の友達はまちがってるよ。その子たちはなんでも疑ってかかろうとする懐疑主義に毒されているんだ。そんな人は自分の目で見ないと信じられないんだね。自分の小さな頭で理解できないものはみんな存在しないものだと考えているんだよ。人の精神というものはね、バージニア、おとなでも、子どもでも小さいものなんだ。この広大な宇宙では人間というものは、その知力にかけてはただの虫、ありみたいなものなんだよ。人間をとりまく無限の世界と比べてごらん。あらゆる真実と知識を意のままに把握することのできる神の知力と比べてごらん。
 
 そうだよ、バージニア、サンタクロースはいるのだよ。愛、思いやり、ひたむきな心というものがあるように、サンタクロースもいるんだ。こういった心をもっている人はたくさんいて、君の人生に無上の美と喜びをもたらしてくれるじゃないか。サンタクロースのいない世の中なんて、そんなのはさびしいじゃないか。バージニアみたいな子がいなければこの世の中がさびしくなるのと同じことだよ。子どもらしい心、詩、ロマンスがあるからこそ、この世のつらいこともがまんできる。手でふれたり、目で見る以外に喜びというものがなくなってしまうじゃないか。子供の時代があるおかげでこの世に満ちている永遠の光が消えてしまうよ。

 サンタクロースを信じないって? 妖精も信じないのかな。パパに頼んで人を雇ってもらい、クリスマスのイブ、あちこちの煙突を見張ってもらったとしよう。サンタクロースが煙突を降りてくる のを見なかったとしても、それがどんな証明になるだろう。だれにもサンタクロースは見えないんだ。でもそれでサンタクロースがいないって証拠にはならない。この世で一番ほんとうのものというのは、子供にもおとなにも目には見えないものなのだよ。妖精が草の上で踊っているのを見たことがあるかい。もちろん、ないさ。でもそれが妖精はいないという証拠にはならない。この世の中にあるもので、目に見えないすばらしいものをすべて頭に描いたり、想像したりする ということはだれにもできないことなんだよ。

 あかちゃんのがらがらをこわせば、どうして中から音がでるのか調べてみることはできる。でも、目に見えない世界をおおっているベールがあって、これは世の中の一番の力持ちのそのまた一番の力持ちがみんなで力をあわせても引き裂くことはできないんだよ。このカーテンを開けて天上の美とその向こうにある栄光を目にすることができるのは、信じる心、想像、詩、愛、ロマンスだけなんだ。これらは現実に存在するものだろうか。バージニア、いいかね、これらほど、ほんもので変わらぬものはこの世にないのだよ。
 
 サンタクロースがいないって?とんでもない!サンタクロースは永遠に生きているんだよ。バージニア、これから千年後、いや、一万年の十倍たったときでも、サンタクロースは子供たちの心によろこびをもたらし続けてくれるのだよ。”

-----------------------------------------------------------
みなさんが、目に見えない幸せを感じられる大人であり続けられますように
Merry Christmas!
-----------------------------------------------------------

※サンタクロースは実在するのか(Is there a Santa Claus?)は、1897年9月21日、アメリカ合衆国の新聞、ニューヨーク・サンに掲載された社説。8歳の少女が同新聞社にこの質問をし、同社の記者フランシス・チャーチによって執筆された。 アメリカで最も有名な社説の一つとなり、社説が掲載されてから100年以上経った今でも、クリスマスの時期になると世界中で愛され、語り継がれている。