こんにちは(・∀・)
CandYの梅澤です!
花粉症の季節になってきましたね~。鼻がムズムズ…

今回のブログ、前半は活動報告、後半は3月9日から行ってくるボランティアについて書かせていただきます。


では、まずは活動報告をして参りましょう!

渋谷キャンパスで3月入試を行っていたため、たまプラーザキャンパスは図書館が閉まるなどして(人員の問題?)、普段より少し静かな雰囲気でした。トイレも改装工事中でした
男女のトイレの位置が入れ替わっていたとかいなかったとか…(笑)

そんな中、今回は先週に引き続き新入生歓迎の準備を行いました

内容としては、ポスター作りやサークル紹介のための資料を集める作業を行いました。ポロシャツ作りに関しても順調に(?)進めることができました
またまた、ポロシャツの色を決めるのに議論が白熱しました(笑)

新入生歓迎に向けて、まだまだ作戦会議等しなければならないことがたくさんありますねv( ̄∇ ̄)v
次回以降の活動も頑張っていきますよ!

a8899144.jpg

033d1c6c.jpg

今回の活動報告はこんな簡単な感じで終わりとさせていただきます


さて、昨年の3月11日の地震から早くも1年が経とうとしています。被災地では復興が進められる中で、我々も何かできることはないか、各メンバーがそのように考えながら今まで過ごしてきました。

そして約3週間前、伊藤先輩が友人からボランティアのお誘いを受けました。それに伴い、CandYのメンバーもアルバイトなどで忙しい春休みの中、6人が宮城県へボランティアに行くことを決めました。

ボランティアを前に私は、被災地という場に足を踏み入れた時どのような気持ちになるのか、どのように現地の人とコミュニケーションをとればよいかなど正直、緊張しています。

教職を目指す我々にとって今回の活動は教育現場に立った時、どのように地震やボランティアの経験を子どもたちに伝えていけばよいのかなどを考えるきっかけになるのではないでしょうか。しかし、第一の目的は震災復興に少しでも役立つことです。精一杯、活動してきます。

明日の夜行バスで行き、12日の朝に帰ってきます。ボランティアの活動報告は明日以降のブログをチェックしてください。


灯火

2011年3月11日午後2時46分
あいつは突然やってきた
あいつは一瞬であかりを吹き消した
あいつは電灯さえも奪っていった

瞬く間に闇になる街
どんなに恐ろしかったか
どんなに憎かったか

闇など訪れることのなかった
なんでもない日常にやってきた非日常

そしてぼくはこう思うのだ
どんなに平凡でも
どんなに退屈でも
なんでもないことがどんなに幸せか

ぼくらで手をとりあって
この街にもう一度あかりを灯そう


後半は文章ばかりでしたが読んでいただいた方、ありがとうございました。
今回のブログの担当、梅澤でした。